ごあいさつ

良い作品を後世に残す「京表具」

京表具の技術で代々受け継がれてきた作品を「何百年と後世に伝え残す」お手伝いを致します。
必ずご満足いただけると思います。大幅仏画軸修理&修復のことなら「弘誠堂」にお任せ下さい!

初代表具師 田中武夫(1級技能士)

TANAKA TAKEO 大正13年5月 愛知県豊橋市生まれ
京都「藤岡光影堂」にて修行時代、数多くの国宝、重文作品の修理を手掛ける。
特に、1952年に完成した「法隆寺金堂壁画模写絵」の軸装(丈15尺、幅10尺 他2点)は1952,2月発行の毎日グラフに掲載される。

昭和28年
(1953年)
独立後、京都市伏見区にて開業。昭和31年、現在の中京区に事業所を移転。
昭和42年8月 「職業訓練指導員免許証」修得
昭和42年11月 「表美展」掛け軸にて入賞
昭和43年3月 「1級大会」にて『第3位』と『優秀賞』を受賞
同年5月 「1級技能検定合格」
平成18年4月 「真言宗総本山『醍醐寺』」より『永年勤続の浄業』を表彰され現在に至る。

二代目表具師 田中善茂(伝統工芸士)
現在「京都表具協同組合『理事長』」「京表具協同組合連合会『副理事長』」

TANAKA YOSHISHIGE 昭和32年9月 京都市生まれ
中学生の時「ビートルズ」や「吉田拓郎」の影響で音楽活動を始める。
高校時代に京都会館をはじめ他ホールでの音楽イベントを多数企画&出演。
高校3年にはTV(朝日、毎日)にバンド出演(数回)。
ラジオ放送局、他イベントにて数多くのプロミュージシャンと共演。
卒業前にはセミプロ活動、高校を優秀(後ろから2番目^。^;)な?成績で卒業
(校長室での卒業式だけは何とか免れる)卒業後本格的に音楽活動を開始!
21歳でバンド解散後、幼少の頃から少しずつ携わっていた表具師の道へと、田中武夫(父)を師事。
数多くの古美術品、寺院の大幅仏画や屏風などの修理修復を手掛ける。
趣味に音楽活動(バンド、作曲、作詞、ラジオ番組パーソナリティー)やスポーツ(スキー、野球、ソフトボール、サッカー、他)など等、地域活動「小学校休日スポーツクラブ代表」も務める。
伝統技術にこだわらず近年の住宅環境に添う表装技術を研究開発中!
「近畿経済産業局」の要請で関西の伝統産業工芸品の紹介とリサーチに代表としてフランスのパリに同行し「フランスの日本大使館」や「ジェトロのパリ支局」を訪問。

2003年NHK「ビジネス未来人」に取材出演。
2004年NHK「ひるどき一番(生放送)」に出演。
2015年パリのデザイン会社Saint Antoineとのコラボレーション作品「サンタントワからの手紙」屏風を発表。
2016年パリのデザイナーPierre Charrieとのコラボレーション作品「展開」テーブルを発表。
2016年KBS京都テレビ「比叡の光」に2週出演。
2016年KBS京都ラジオ「祇園pickupあっぷ」に出演。
2016年KBS京都テレビ「ポジポジたまご」に出演。
2016年伝統的工芸品産業功労者(近畿経済産業局長表彰)を受賞。
平成26年京都表具協同組合理事長 現在3期目
平成26年全国表具経師内装組合連合会 常任理事 現在3期目
平成26年西日本表具内装協会 幹事 現在3期目

三代目表具師 田中健太郎

TANAKA KENTAROU 昭和61年1月 京都市生まれ
大学卒業後、家業「表具業」に従事しながら「公認会計士」を目指し勉強するがバイク事故など等?で断念。
現在「弘誠堂(3代目)」へと修業中。愛車にホンダの1800ccのアメリカンバイクを所持。独身。

2014年第59回表美展にて「京都市長賞」を受賞。
2016年第61回表美展にて「京都府知事賞」を受賞。
2017年「伝統工芸を継ぐ男たち」論創社出版の書籍に京表具師として掲載
2018年6月18〜22日 京都市とパリの友好都市40周年記念式典参加