仏画/ 書画

折れ伏せ作業/来迎図の修理仕立て直し

拡大 拡大 拡大

古軸洗い修復/湿気によるシミの修復

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

湿気によるシミの修復。永年掛け放しの御軸で、本紙が畳一帖位の大きさです。「布海苔」でまずは本紙を押さえます。「煤だし」の後「肌裏打ち」をしました。「総裏打ち」打ち刷毛を丁寧にあてます。

砕けてボロボロ!おまけにセロテープでベタベタ!まるでジグソーパズルです。 どうしても見つからなかった部分は裏をあげた(捲った)紙で補修。 最後に「洗いに掛けて」なんとか修理完了!後はお客さまが「額」に入れるそうです。

大幅軸修理/ある僧侶の一代記(双幅)のお軸の洗い修復

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

ある僧侶の一代記(双幅)のお軸の洗い修復。「色差し」「描き起こし」を行います。

涅槃図作業/江戸後期の涅槃図を修復

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

江戸後期「涅槃図」修復受注。タペストリー状態のものを正常な軸に仕立て直します。

古軸修復/聖徳太子図の修復

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

文化財クラスの作品の修理修復です(登録すると5倍~10倍くらいの修復代に....^^;)
元裂を使用する「締め直し」と言う修理です。

画帖修復/火事での放水による焦げ染みを修復

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

火事での放水による焦げ染みを、本紙を洗って現状復元します(補強裏打ち後)。下部の無い表題と上部の無い表題。それらをコピーし焼失していた表題を再現し、「和綴じ」して完成。

古襖修理/寺院襖絵の古襖を修理

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

鴨居が下がり「襖」が開きません。本紙をはがし、今回は「縁はそのまま利用する」ということなので、反りや割れの修理をします。本紙の古い裏打ち紙を慎重に剥がし、和紙を2枚裏打ちします。建て合わせをして「襖」としての機能も復活しました。

古軸修復/達磨図(絹本着色)のシミ落とし仕立て直し

拡大 拡大 拡大 拡大

湿気によるカビとシミの「修復」を行いました。